« ベアード・ビール | トップページ | 琥珀の時間 »

2005年8月21日 (日)

ビア・ステーション恵比寿

高校時代の親友と久しぶりの再会を恵比寿で。昼っからビアステーションに入り、ビール三昧。相手はザルだが、自分のペースで飲む。

当然ドリンクメニューにざっと目を通し、順番を睨む。但し、ギネスのドラフト(樽生)から入るのは決まっていたようだ。と言うのも、ギネスを初めて飲んだのが、彼とだった。それ以来、「ギネスを飲もう」が合言葉みたいになり、それが久しぶりに実現。最近は飲める店も増えたけど、やっぱりどこにでも置いてあるビールじゃないからね。

と言うわけで、ギネス→ニューキャッスル・ブラウン・エール(英)→ヘニンガー・プレミアム(独)→エーデル・ピルス(日)と、結局滅茶苦茶な順番になったが飲み干した。後ろ二つは初めて飲んだんだけど、特にエーデル・ピルスのホップの香りに惚れ惚れ。昔は市販されていた銘柄だそうだが、現在はこうした樽生しか飲めないそうで、家で飲めないのが残念!いやしかし、現役でいることは嬉しい。こんなにウマいものが淘汰されては逝けない。あ、結局ここではエビスは飲まず。(後に別の店でエビス黒を)

2番目のブラウン・エールもフィニッシュに微かに甘い感じが尾を引き、ウマい。これはラベルも中々気に入っている。

ちょいと休みの間は飲み食いが過ぎた。明日から節制しないと。

|

« ベアード・ビール | トップページ | 琥珀の時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123645/5574164

この記事へのトラックバック一覧です: ビア・ステーション恵比寿:

« ベアード・ビール | トップページ | 琥珀の時間 »