« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

Lucifer

lucifer

久しぶりのベルギー・ビール。LUCIFER(8%)、DUVEL(英語でDEVIL)、SATANとそれ系の名前で、強めのゴールデン・エールと言うことでも共通する。泡立ち豊かで独特の甘さの感じる香りがある。個人的にはちょっと好みではなかったけれど、個性のある味。料理にも左右されそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギネス本

と言っても文字通りのギネス「ブック」ではありません。

一応、ギネスビールの本ですが、ビールの歴史やビールのスタイルについても掻い摘んで書かれています。現地取材ももちろん有り、中々興味深い本でした。

これを読んでしまうと、次回の旅行はダブリンだな、と(笑)。大体、アイルランドはともかくとしても、英国に3回も行っているのに、一回も現地で飲んでいないのは潜りだけどな(>_<)。

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_detail?isbn=4093431574&jcode=06150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

エチゴビール・スタウト

echigostout

後味がちょっとスモーキー。スタウトは好きだ。

スタウト言えば、長浜のスタウトはかなり特徴的だった。思い出したら又飲みたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

アングリーボーイ・ブラウンエール

angry

今日もベアードビール。これはアルコール度数高め(6.3%)。

しっかりとしたボディで満足度高い。ん~、実店舗では順番に飲んだけど、こうして1~2本づつ飲むと印象も変わってくるなぁ。もちろんドラフトとの違いもあると思うけど。あとは料理との組み合わせだね。これは中々濃厚な感じでこれからの季節良い感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

島国スタウト&プレミアムモルツ

shimaguni

沼津ベアードビールのスタウト。ギネスのようなクセは無く、苦手な人にも飲みやすいと思う。フィニッシュにここのビールに共通したホップの香りが微かに感じられ、個性を主張する。

今日はプレミアムモルツも頂く。今日だったか新聞に出ていたが、ビールではやはりスーパードライ(アサヒ)が一番人気だとか。私は最近はモルツですね。そしてこの割高なプレミアムモルツもその価格だけの価値はあると思う。喉越しとキレを望む人にはドライが一番と思いますが、そろそろ涼しくなってきたし、プレミアムモルツのこのコクと甘みさえ感じる深い味わいがよろしい季節かと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月17日 (土)

帝国IPA&黒船ポーター

普段家で飲む週末ビールは1本なのだが、今日は2種類。

またまた沼津ベアードビールで買い込んで来たヤツ2品。

マイベストと書いた帝国IPAは先週のRSPAのキレに対しコクかな。こちらもホップの香りが秀逸。そしてポーターの方もほのかなホップ香を残したポーター。気持ちよく酔ったぞ。

teikoku kurofune

明日は某所でドリンク代払うのでそこで一杯ビールを飲むことになるだろう。連休なので月曜日も飲んじゃおうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

Rising Sun Pale Ale

rigingsun

8/14の日記にて紹介した沼津のクラフトビールの一つ。帝国IPAがマイベストと書いたけど、こちらも負けず劣らずで。ホップの香りが素晴らしいです。都内の有名店でも扱われているので、機会があったら是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥入瀬「激情」

昨日飲んだビール。奥入瀬ビール「激情」

gekijou

http://www.oirase.or.jp/beer/beer.htm 

↑こちらのビール紹介から引用すると、

ビール酵母の代わりに、日本酒酵母を使って醸造したオリジナルビールです。
「紅蓮の炎のような二人の恋は熱く激しく“燃えて燃えて燃えて”」そんなビールです。

これは異色のビールです。まず、色は無ろ過の濃いめの色ですが、泡がすぐに消えてしまいます。そしてその味は…正に和ビールといった感じで、確かに日本酒のようにアルコールがストレートに効いてきます。10%のアルコール度数が直撃、正に「激情」。ベルギービールにも高アルコールあれど、度数をストレートに感じさせない変化球ですが、こちらは直球。やや疲れめの身体には効くぅ~って感じでして、あっという間に酔っ払っちゃいました。相方は強烈なのはダメなので一口で「普通のも飲む」と。でも持ってきたのはギネス。どこが普通じゃい!(笑)

しかし、これはちょっと変わっていて、又機会があったら飲みたいな、と思わせる逸品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

奥入瀬ビール&銀河高原ビール

さて、週末のお楽しみ、ビールです。

先日書いた友人からの贈り物、奥入瀬ビール。先ずは「初恋エール」を。

oirasehatsukoi

さっぱり系。普段は濃厚なのばかり飲んでいるので余計感じるのかも。ビールの味はこういうもの、と国産有名ブランドのピルスナー系の味に慣れた方にはエールながらも違和感無いのでは?次に控える「激情」は日本酒酵母で度数10%。楽しみ。

そして、「銀河高原ビール」。こちらはヴァイツェンなので、ドイツ風にBratwurst(+Brotchen)と。

ginnga

ヴァイツェンって好みが分かれるのかな。私も、小麦の味?が強すぎるとちと好みから外れるが、これはバランスが良い。

さて、この銀河高原ビール、全国的に割と良くスーパーで見かける小規模生産ビールだと思うのですが、先日、大幅に事業縮小することが発表されました(親会社は東日本ハウス)。と言う事は、今後は近所のスーパーで見かけることはなくなるのかな?と残念でなりません。やはり、安価なビアテイスト飲料の波と、割高な価格(クラフトビールには共通する)によるものでしょうか?地ビールブームのピークからクラフトビールの醸造所がどれだけ消えて行ったかは知る由もありませんが、是非とも頑張って、飲む機会を与えて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »